試合レポート

試合結果・日程

プラクティスマッチ 近鉄ライナーズ

NTTドコモ

NTTドコモ

21

試合終了

21 前半 12

0 後半 7

19

近鉄

近鉄

921日(土曜)12:00-

ドコモ大阪南港グラウンド

share me

試合レポート

トライ、ゴールとも決める活躍をした笠木選手

トップリーグが行われないこの週末、近鉄ライナーズとのプラクティスマッチがドコモ大阪南港グラウンドにて行われた。まだ今季トップリーグに出場していない選手にとっては、公式戦のメンバー入りのためにも大事な試合である。

前半4分、ドコモ陣ラインアウトを起点に近鉄が連続攻撃。ドコモは近鉄の連続攻撃を止めていたが最後にラックサイドをランナーに突破され先制トライを奪われた。反撃したいドコモは12分、自陣深くまで攻められていたがボールを奪い返し(13)ムリアイナが敵陣奥深くまでキック。そのボールを近鉄が蹴り返すがそこからカウンターアタック。(12)金澤から(10)宮里にわたり宮里が相手選手の間をすり抜けて大きくゲイン。(7)金→ムリアイナとつなぎトライを決めた。(9)笠木のゴールも決まり7対5と逆転に成功。15分にドコモ陣ゴール前ラインアウトモールを起点にトライを奪われ7対12と逆転されるが、26分には近鉄ゴール前ラインアウトモールから(6)川田がトライ。笠木のゴールも決まり14対12と再び逆転に成功。さらに29分に相手ボールのターンオーバーからムリアイナ→(11)大松と渡りゴール前まで迫り、ラックサイドを笠木が持ち出しゴール中央まで走り切りトライを決める。自らゴールも決め21対12で前半を終了した。

後半1分、いきなり近鉄にトライを奪われる。その後は一進一退の攻防が続き、何度かピンチを迎えるが粘りのディフェンスで守りきる。後半得点を挙げることはできなかったが、21対19で勝利した。