試合レポート

試合結果・日程

オープン戦 近鉄ライナーズ

NTTドコモ

NTTドコモ

24

試合終了

5 1本 21

5 2本 14

14 3本 7

42

近鉄

近鉄

622日(土曜)13:00-

東大阪市花園ラグビー場 第2

share me

試合レポート

相手の守備を突き進むモリテカ選手

台風も過ぎ去り、少し涼しさも感じる中、近鉄花園ラグビー場第2グラウンドにて近鉄ライナーズとのオープン戦が行われた。今年のトップリーグではグループが分かれたため、1stステージでは大阪ダービーが行われない。たくさんの観客が訪れる中30分×3本の形でゲームが行われた。
1本目、先制は近鉄。裏へのキックパスをうまくつながれトライを奪われる。しかし、10分に(10)スタンドオフ茂木の突破からゴール前に迫り、そのラックサイドを突いた(8)ナンバー8箕内がトライを決めた。16分、26分にトライを奪われ5対21で1本目は終了した。
2本目も先制は近鉄。ラインアウトからセンターが突破。外にそのままつながれトライを奪われる。反撃したいドコモは16分、ラインアウトの攻撃から、(28)スタンドオフ村田→(32)センター宮里→(35)フルバック大川→(34)ウイング平瀬とつながり、最後は内にサポートした(15)ウイング才口に平瀬がラストパス。鮮やかなトライを見せた。しかし24分にラインアウトモールからトライを奪われ10対35で2本目を終了した。
3本目の先制はドコモ。ターンオーバーから(30)センター パエアが突破。その後の連続攻撃から最後は(7)フランカー金がトライを決める。25分にゴール前のスクラムのサイドアタックからトライを奪われるが、試合終了間際に、連続攻撃から最後はパエアがトライを決める。3本トータル24対42でノーサイドとなった。

選手・コーチのコメント

才口 將太 ゲームキャプテン

先週のキヤノン戦で出た課題は改善されてきていると思うが、まだミスやペナルティが多く自分たちの流れで試合ができていない。ただ、先週よりは確実に良くなっており、個人のパフォーマンスも上がってきているので、それをチーム全体でプレーできるようになれば良い結果に繋がると思うので、引き続きがんばっていきたい。

―ファンのみなさんへ一言―
練習試合にかかわらず、たくさんの方に応援にきていただき、すごく力になりました。
公式戦ではもっと勝利できるよう、残された時間しっかり準備していきますので、シーズンも応援お願いします。

平瀬 健志 選手

春の新チームでの2試合目となり、ボールキープ等徐々にテンポアップしてきているが、簡単なハンドリングミスや反則がまだまだ多いので、春のラスト1試合、良いものにできるよう、あと1週間がんばっていきたい。

―ファンのみなさんへ一言―
いつも応援ありがとうございます。シーズンに向けて去年以上に厳しいトレーニングをしており、自分自身ももっとボトムアップ等強化し、チームで活躍できるよう、もっとがんばっていきたいので、応援お願いします。