試合レポート

試合結果・日程

プレシーズンマッチ Honda HEAT

NTTドコモ

NTTドコモ

38

試合終了

26 前半 7

12 後半 5

12

Honda

Honda

817日(土曜)17:00-

ドコモ大阪南港グラウンド

share me

試合レポート

再三チャンスメイクした茂野選手

プレシーズンマッチ第2戦、ホンダヒート戦がドコモ大阪南港グラウンドにて行われた。

立ち上がり、ドコモは何度か敵陣深くまで攻めるがミスなどで得点をあげることができない。試合が動いたのは前半28分。ホンダの反則によりタッチキックでゴール前まで迫り、ラインアウトからの攻撃。ミスが起こるが何とかボールをキープしラックサイドを連続攻撃。ラックから出たボールを受けた(10)フィルヨーンが相手をかわし先制トライ。自らゴールも決め7対0とした。33分にはホンダボールラインアウトからのバックス攻撃に、(7)ブルソーが猛プレッシャーをかけボールを奪い前進。出たボールをフィルヨーンがキックパス。(14)渡辺がインゴールでボールをおさえた。難しい角度のゴールキックをフィルヨーンが決め14対0。35分にはホンダボールのキックオフをキャッチし自陣から攻撃。(11)茂野がディフェンスをかわしながら約60mを走り、ゴール前まで迫る。ラックから出たボールをフィルヨーン→(13)中矢とつなぎトライ。フィルヨーンのゴールも成功。さらに37分には再びキックオフレシーブから(12)清瀬→(15)佐藤善仁→茂野→中矢→(9)辻埜とつなぎトライを決めた。40分にホンダにトライを奪われるが26対7とリードして折り返した。

後半2分にホンダのバックス攻撃からトライを奪われ、その後は一進一退の攻防が続く。試合は終盤に入り、30分、ドコモがラインアウトから連続攻撃。最後は(25)ボンボ→(17)緑川→(27)宮里とつなぎトライを決める。さらに35分にはホンダの反則後、自陣から連続攻撃をしかけ、最後は(29)才口→緑川→(23)秦とつなぎトライを決めた。(24)茂木のゴールも決まり38対12で勝利した。

選手・コーチのコメント

茂野 洸気 選手

立ち上がりから自分たちのスイッチを入れて攻めていき、それが良い形で得点につながった。後半はしんどい場面もあったが、最後まで守り続けることが出来たので、シーズンに向けてディフェンスでも良い形を作れたと思う。
個人的には、トライにつながるプレーだけでなく、自分でもどんどんトライを取ってチームに貢献できるようがんばりたい。

―ファンのみなさんへ一言―
開幕まで2週間を切りました。初戦にしっかり勝利し、良い流れでシーズンをスタートできるようにがんばりますので、ぜひ会場で熱い応援をよろしくお願いします。

熊谷 肇 選手

トップリーグ開幕まで残り2試合、チームにとって大事な試合を勝利することができて本当に良かった。
粗削りな試合内容だったが、80分間良い雰囲気で戦えたのは、チームにとって大きなプラスになった。
次週の大阪府警戦は、プレシーズンマッチで一番いい試合をして開幕戦に繋げたい。

―ファンのみなさんへ一言―
いつも応援ありがとうございます。いよいよトップリーグ開幕が近づいて参りました。今シーズン良い成績が残せるように、残りの時間を大事に最高の準備をして挑みますので、これからも応援よろしくお願いします。

平瀬 健志 選手

開幕戦2週間前ということで、シーズンと同じ気持ちで臨んだ。シーズンに良い流れができるよう、今日は「まず勝つ」「内容的にも納得のいくプレーをしよう」ということを意識していた。
前半30分までは、なかなかチャンスのシーンでトライがとれなかったので、開幕戦までにそこを修正しトライを取り切れるようにしたい。

―ファンのみなさんへ一言―
今シーズン、レッドハリケーンズはレベルアップしています。まずは、開幕戦の勝利を目指してがんばりますので、熱い応援をお願いします。