試合レポート

試合結果・日程

トップリーグ2021 リーグ戦 キヤノンイーグルス

NTTドコモ

NTTドコモ

26

試合終了

6 前半 14

20 後半 10

24

キヤノン

キヤノン

221日(日曜)14:00-

町田GIONスタジアム

share me

試合レポート

【TL2021第1節vsキヤノン戦】李選手

2021年2月21日(日)ジャパンラグビートップリーグ2021第1節キヤノンイーグルス(以下、キヤノン)との試合が東京都の町田GIONスタジアムで行われた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、当初の予定から約1カ月遅れで開幕したトップリーグ2021。トップリーグ2021で8位以上を目標に上位進出を狙うレッドハリケーンズにとっては、開幕戦に勝利していい流れを作りたいとこである。

この日は、2月下旬とは思えない暖かさ(最高気温22℃)となり選手達にとってはタフなコンディションのなかでのゲームとなった。前半は、風下のキヤノンボールのキックオフで試合が開始された。開幕戦に臨む緊張や気負いからか、レッドハリケーンズはキックオフ直後からペナルティを多発してしまい自陣でのディフェンスが続く我慢の展開となる。前半9分には、スクラムで連続してペナルティを犯してしまい③北島がシンビンとなり10分間の一時退場となり、14人で戦わなければならない数的不利な状況となる。そんなピンチのなか、北島の変わりに入った⑱金(廉)がキヤノンのスクラムに上手く対応し、スクラムからこぼれたボールを今季新加入した⑨TJ・ペレナラがボールを奪いピンチを脱出する。すると、敵陣に入ったレッドハリケーンズは前半17分、キヤノンが犯したペナルティからペナルティゴールを選択し⑩川向がそのゴールを難なく成功させ3点を先制する。その後、キヤノンに敵陣深くまで攻め込まれるも我慢のディフェンスで簡単には得点を許さない。しかし、前半29分にキヤノンのバックス陣に細かく繋がれ、ゴール左隅にトライを奪われ3-7と逆転される。逆転された後のキックオフリターンボールからキヤノンがボールを動かすと、⑦李の好タックルが決まり④小島が素早くボールに絡みノットリリースのペナルティ奪う。このペナルティゴールも⑩川向が成功させ6-7 と得点差を詰めるレッドハリケーンズ。しかし前半34分、またしてもキヤノンバックスの上手いパス回しに対応しきれず右中間にトライを奪われ、前半を6-14とリードを許して折り返す。

後半は、レッドハリケーンズボールのキックオフで試合が再開される。レッドハリケーンズが逆転するためには、前半多かったペナルティをいかに減らしセットプレーの精度を高めることが勝利への鍵となる。後半から、レッドハリケーンズは⑫パエアに変えて縦への突破が魅力の㉒トゥアを投入する。そのトゥアを中心に我慢強く攻め続けるもキヤノンの堅いディフェンスに膠着状態が続く。すると後半16分、キヤノンの危険なタックルによってシンビンが出され数的有利な状態となる。この数的有利な時間帯で何が何でも得点したいレッドハリケーンズは後半18分、途中出場の⑲杉下が敵陣22m内のラックからボールを判断よく持ちだしTJ・ペレナラへ繋ぎゴール右中間へ飛び込み待望のファーストトライが生まれる。コンバージョンゴールも成功させ13-14と得点差を縮める。その後、敵陣で攻め続けるレッドハリケーンズは後半26分、キヤノンのペナルティからドコモにアドバンテージがでるとペナルティの笛がなった瞬間にTJ・ペレナラがクイックスタートを仕掛け、ディフェンスラインの裏へ抜け出すと最後は⑦李へつなぎ逆転トライが生まれる。これで得点を18-17する。その後32分にも⑭茂野のトライで得点を重ね23-17とリードを広げる。しかし自力のあるキヤノンに後半36分にトライを奪われ23-24と再逆転され窮地にたたされる。それでも開幕戦の勝利を絶対に勝ち取るべくフィフティーンは諦めない。必死のキヤノンディフェンスに対し敵陣で攻め続けるレッドハリケーンズ。すると後半終了間際にゴール正面でキヤノンのペナルティを誘う。約30mのペナルティゴールを⑩川向が決めて歓喜の瞬間が訪れる。

最終スコアを26-24として開幕戦を見事勝利で飾ったレッドハリケーンズ。ゲームメンバーはもちろん、ノーゲームメンバーもスタッフも全員がハードワークし続けて勝ち得た大きな1勝である。次戦はホストゲームとして大阪でNECグリーンロケッツを迎え討つ。開幕戦ででた課題を修正して今週またいい準備を重ねたい。

選手・コーチのコメント

アッカーマン HC

本日は応援ありがとうございました。まずコロナ禍のなか、試合が開催できたことに感謝します。そして対戦相手のキヤノンさんありがとうございました。前半はキヤノンさんの激しいプレッシャーに受けてしまい、いくつかの得点を与えてしまいましたが我慢して最少失点で抑えられたことが良かったです。後半は選手が息を吹き返して我慢強く戦えたことが勝利の要因だったと思います。勝利は嬉しいですが、これからまだまだ試合が続くので試合の度に気持ちをリセットとして次の試合に向けていい準備をしていきたいです。 引き続き、応援よろしくお願いします。

逆転トライを決めた 李選手

いつもレッドハリケーンズの応援、サポートありがとうございます。
まずは試合が無事に開催されたことを嬉しく思います。試合前からファンの皆さまにSNSなどでたくさん応援のコメントを頂きとても嬉しかったですしワクワクして試合に挑みました。同時に公式戦の難しさも改めて感じました。試合では終始受けに回ったのとその原因を作ってしまったことを反省しています。しかしその中でも、タックルだけは自信を持ってできました。あと、トライができたことをラッキーに思います。次の試合はもっとレベルを上げてプレーするので期待して下さい。SNSもTwitterとインスタでたくさん情報を発信していますのでフォローよろしくお願いします。次戦は大阪でホストとしての試合となります。皆さんの応援が力になります。ぜひ会場に足を運んで頂き、またネットからもたくさんの応援をよろしくお願いします!!

MOMの活躍の 川向選手

いつもレッドハリケーンズへの熱い応援ありがとうございます。
トップリーグ開幕戦という事もありプレーが固い部分もありましたが勝利する事ができて本当に良かったです。今日の試合に対してはいつも通りの自分たちのプレーをする事にフォーカスして試合に挑みました。ミスも沢山ありましたが勝って反省できる事に感謝し、次戦のNECに挑みたいと思います。引き続きレッドハリケーンズの熱い応援よろしくお願い致します!