試合レポート

試合結果・日程

トップリーグ1stステージ NTTコミュニケーションズシャイニングアークス

NTTドコモ

NTTドコモ

17

試合終了

5 前半 21

12 後半 7

28

NTTコム

NTTコム

105日(土曜)12:00-

東大阪市花園ラグビー場

share me

試合レポート

反撃開始のトライを決めたパエア選手

トップリーグ第5節はNTTコミュニケーションズとのNTTダービー。心配された雨も降らず、地元大阪での開催ということもあり、花園ラグビー場には多くのファンが詰めかけました。

前半10分、連続攻撃から突破されトライを許す。ドコモも攻めるが反則などで流れをつかめない状況が続く。27分には自陣ゴール前ラックサイドをつかれトライを奪われる。33分にもトライを奪われ、0対21と苦しい展開。反撃したいドコモは38分、相手ゴール前ラインアウトからモールを組み押し込む。(7)ブルソーがサイドを突きトライを決めた。5対21で前半を折り返した。

後半に入ってもなかなか波に乗れないドコモ。11分にはラインアウトから相手スクラムハーフに突破され独走トライを許し5対28。残り10分を切り、必死に攻めるドコモ。31分、相手ボールのターンオーバーから連続攻撃。ゴール前まで迫る。最後は(9)茂木のパスを受けた(11)パエアが相手タックルを受けながら右手を伸ばしトライを決める。さらに36分、自陣スクラムから(21)秦がプレッシャーを受けながら(22)宮里へパス。宮里からパスを受けた(15)才口がギャップを突きゲイン。オフロードパスを(12)金澤につなぎ(23)ムリアイナ→パエアと渡りパエアがライン際を走る。パエアが内側へキックしゴール前まで迫る。相手反則からムリアイナが速攻をしかけ、ラックから(8)箕内がサイドを突き左手を伸ばしトライ。宮里のゴールも決まり11点差に縮める。残り時間も少ないなか、もうワントライを取りに攻めるドコモであったが、トライを奪えずボーナスポイント無しの17対28でノーサイドとなった。

選手・コーチのコメント

下沖 正博 ヘッドコーチ

前半からミスやペナルティーが多く、最後まで自分たちのリズムを作ることができなかった。

残り時間が少なくなってから、かなり良いラグビーをしていたと思うが何が変わったのか?
前半は、相手のプレシャーが強く自分たちのテンポでラグビーができなかった。残り時間が少なくなってから、フレッシュなメンバーが入りゲームのテンポが上がったが、相手のブレイクダウンでのプレッシャーが減ったことが大きな要因だと思う。

本日の試合の茂木選手と秦選手のプレーの評価は?印象は?
茂木選手は、フォワードをしっかりオーガナイズしようと努力していた。若干、バックスとのコミュニケーションはうまくいってなかったと思う。秦選手は、フレッシュな状態で試合の終盤のプレッシャーが減った中でのボールさばきという点では役割を果たしていた。

次節に向けて今後、改善したい点は?
自分たちのゲームプランを遂行するために、次節までの2週間でセットプレーを改善したい。

吉岡 宏樹 キャプテン

今日はしっかりと勝利したいと思っていたが、ミスが多く失点が多くなってしまった。だんだん良くなっていると思うので次節に向け、チーム一丸となって頑張りたい。

少しずつ良くなってきたとのことだが、具体的にどこが良くなったのか?
大きな改善はできていないが、セットプレーの精度は徐々に改善できていると思う。