試合レポート

試合結果・日程

夏季強化試合 リコーブラックラムズ

NTTドコモ

NTTドコモ

15

試合終了

5 前半 19

10 後半 21

40

リコー

リコー

722日(土曜)14:00-

網走スポーツトレーニングフィールド

share me

試合レポート

【夏季強化試合 vs リコー】モール

夏合宿最終日となる2017年7月22日、網走スポーツフィールドにてリコーブラックラムズとの戦いが行われた。最終日ということもあり、2017-2018シーズンの夏合宿を締めくくる総仕上げともいえる大切な一戦となった。出場する選手全員が、勝利に向け様々な思いを持ち挑んだ勝負である。
試合開始5分、リコーの猛攻にあいトライを許す。しかし、ドコモも負けじと11分ヴィサーのキックパスをリリダムと才口がうまく対処し同点とする。その後、相手のサインプレーを対処しきれず18分・38分と連続でトライを許し、5-19と2トライのビハインドでハーフタイムをを迎えた。
ハーフタイムでは、ダヴィからフォワードへレイサムバックスコーチからバックスへしっかりと修正プランの落とし込みが行われた。しかし、選手は若干の不安を残しているようにも見えた。
迎えた運命の後半。苦手とするビハインドの状態からの巻き返しを狙う。流れをつかみたい後半序盤、一瞬の隙を突かれ、リコーの素早いフォワード攻撃に2連続でトライを許してしまう。嫌なムードが漂い始めたが、今年のドコモは粘り強い。フォワードで取られたらフォワードで取り返すと言わんばかりに、ピック&ゴーからヴィンピーがトライを決め返す。その後お互い膠着状態が続き、試合終了間際にお互い1本ずつトライを獲得し、ノーサイドの笛が鳴った。最終スコアは15対40となった。
開幕まで一か月を切った今、敗北に立ち止まることなどしている暇はない。残された時間で課題を解消ししっかりと戦術を立て、ただひたすらに勝利に向け貪欲に突き進むのみである。

選手・コーチのコメント

スタメン新加入選手 秦(啓)選手

■今日の試合を通して
今日の試合では、個人的な弱点であるディフェンスでのタックル成功率8割以上を目標とし、試合に挑みました。しかし、レベルの高いコンタクト戦になかなかついていけず、目標達成に至りませんでした。ただ、自身の課題が明確になり、何が足らないのか、何が必要なのかを再認識することができたことが収穫だったと感じています。8月18日のトップリーグ開幕戦に向けて、きっちり修正・解消し目標達成するとともに、チームの勝利に貢献したいと思います。
■ファンのみなさまへ
いつも熱い応援をありがとうございます。少しでも早くチームの軸となり力になれるよう努力していきますので、これからも変わらぬ応援をよろしくお願いいたします。