スペシャル

レッドハリケーンズ ラグビー留学 in ニュージーランド ハミルトン篇

2016年8月9日更新

留学レポート ハミルトン篇

練習スケジュールと内容

  • 毎朝9:00からスキルトレーニング。各セクションの専門コーチが指導。
    【パス】乱れた状況から素早くポジショニングしてDFをスキャンし、正確なパスまわしで攻撃するトレーニングなど。
    【コンタクト】ゴムチューブで四方に引っ張られながらボールに絡む練習など、正しい姿勢を維持するトレーニングなど。
    【タックル】相手の懐に足を踏み込んで、しっかり相手を掴み足をかくトレーニングなど。
  • 11:30からはS&C(ストレングス&コンディショニング)トレーニング。
    【ウエイト】BIG3(ベンチプレス・スクワット・デッドリフト)、オリンピックリフト、瞬発力トレーニングなど。
    【フィットネス】5kmヒルクライム、トレイルランニング、バイクフィットネスなど。
  • 午後からは英語レッスンを挟んで、ワイカト州代表候補や、所属するクラブでトレーニング。
    パススキルやアタックスキル(3対2等)、タックルスキル(1対1)など、試合を意識したトレーニングを行いました。
 
午前
スキル
トレーニング
(パス)
9:00~11:00
S&C
トレーニング
(ウエート)
11:30~13:00
スキル
トレーニング
(コンタクト
スキル)
9:00~11:00
S&C
トレーニング
(フィットネス)
11:30~13:00
スキル
トレーニング
(タックル
スキル)
9:00~11:00
S&C
トレーニング
(ウエート)
11:30~13:00
ビデオ
アナライズ
9:30~11:00
S&C
トレーニング
(ウエート)
11:30~13:00
S&C
トレーニング
(ウエート)
8:30~9:30
ニュージーランド
エクスペリエンス
(アクティビティ)
試合
リカバリー
トレーニング
8:30~9:30
(各自)
フリー
午後
ランチ
英語レッスン
15:00~17:00
 
ワイカト州
代表候補
トレーニング
18:00~20:00
ランチ
英語レッスン
15:00~17:00
移動
クラブラグビー
トレーニング
18:00~20:00
ランチ
英語レッスン
15:00~17:00
 
ワイカト州
代表候補
トレーニング
18:00~20:00
ランチ
英語レッスン
15:00~17:00
移動
クラブラグビー
トレーニング
18:00~20:00

各選手ごとに、今回の留学を通して感じたことを語ってもらいました。

才口 將太選手(フルバック)

──練習の中で感じたことを教えてください。

クラブチームの選手は普段の練習から“目の前の相手を仰向けに倒す”という気持ちでプレーしている選手が多くいると感じました。そのため、練習自体がとても激しく強度が高かったです。しかし、そればかり意識することで「規律が守れない」「状況判断を誤りパスをすればチャンスになる時もコンタクトしてしまう」といった場面も多々あったことから、「強い意志」に加えて「広い視野」「冷静な判断力」を持ってプレーすることが自分自身に必要なことだと考えプレーしていました。
現地の選手は体が強い選手が多く、タックルして倒すのに苦労しましたが、スキル面では通用することがわかり、自信を持ってプレーすることが出来ました。

試合の模様 試合の模様

──留学経験を通して、学んだこと、それを今後どう生かしたいか教えてください。

今回の留学で、プレーするに当たり「メンタルの重要性」を学びました。フィジカルやスキル、テクニックは強いメンタルがあってこそ試合で発揮できるものであり、そのためには一つひとつの練習から常に強いメンタルで取り組む必要があるということでした。レッドハリケーンズは今季トップリーグ昇格という明確な目標があるため、目標に向かってチームに合流した後も強いメンタルでハードワークをしていきたいと思います。

カフェ カフェ

──ニュージーランドでの生活について少し教えてください。

ニュージーランドの人は、とてもおおらかで温厚な人が多い印象を受けました。車を運転していると特にそれを感じることが多く、譲り合うことが当たり前だったり、信号待ちで隣の車を見ると、日本人が珍しいからか笑顔で手を振ってくる人に何度か遭遇しました。
気候は「1日に四季がある」といわれるように、朝晩は冷えますが冬でも昼間は暖かく半袖で過ごすことができとても過ごしやすかったです。
食事については、初めての海外長期滞在でとても心配していたのですが、ホストマザーの料理もおいしく、体重も増えて帰ってくることができました。もちろん日本食は恋しかったですが・・・(笑)

  • NZ代表コーチ(イアン・フォスター)のコーチング NZ代表コーチ(イアン・フォスター)のコーチング
  • 日本人所属クラブとの試合 日本人所属クラブとの試合
  • アカデミーメンバーと アカデミーメンバーと

泉 敬選手(フッカー)

──練習の中で感じたことを教えてください。

月曜日~金曜日が練習で土曜日が試合といった中で、練習では、朝は日本人の留学生選手達と日替わりでスキル&パス、コンタクト、タックル、ユニットといった形で練習をし、それぞれの分野でのワイカトコーチによる指導が行われました。人数も少ない分、プレイの回数が多くなり、スキルのレベルが上がるのはもちろんですが、失敗を恐れずチャレンジしていく事が大事だと感じました。
朝の練習が終わると、ウエイトトレーニングが始まります。ワイカトのウエイトトレーニング方法は独特で、普通のウエイトトレーニングもありますが、フィットネスとウエイトトレーニングを交えて行うというものがありました。体がキツイ時にでも自分の100%の力を出すというもので、試合に近い状況でのトレーニングで凄く息が上がりタフな日々を過ごしました。
夕方になるとITMワイカトメンバーとの練習、クラブチームメンバーとの練習がありました。現地の選手は、体も大きく、スピードも速く、スキルが高い印象でした。クラブチームメンバーとの練習がほとんどでしたが、彼らと練習をしていく中で、コミュニケーションの大切さを学びました。コミュニケーションを取ることで自分の意見を伝えたり、仲間の意見を聞き練習中、試合中に戦術、戦略を話すのはもちろんですが、より良い信頼関係を築けると感じました。
しかし言葉の壁は大きくなかなか理解できず苦労した部分もありました。同じチームで日々ハードな練習、試合を重ねていくうちに、言葉の壁を越え同じ勝利していくメンバーとして強い仲間意識、強い絆を感じました。改めてラグビーは素晴らしいスポーツだと感じましたし、クラブチームメンバーには本当に感謝しています。彼らの強い仲間意識は見習わないといけないものを感じました。

試合後の才口さんとのツーショット 試合後の才口さんとのツーショット

──留学経験を通して、学んだこと、それを今後どう生かしたいか教えてください。

ラグビーの練習のほかにメンタルスキルのセッションがあり、アスリートに必要なメンタルスキルトレーニングを行いました。目標設定の大切さや、試合中での呼吸法など多くを学びました。メンタルスキルトレーニングとは別にハードな練習を行う前にワイカトコーチの方々から‘メンタルだ’と言われ続けました。
コーチの方々が発するメンタルは自分に負けない気持ちを持ち全力を尽くせとの事でした。あらゆる自分のマイナスな気持ちやネガティブな気持ちに勝たないといけないということで、どんな状況でも言い訳せず諦めずに体、頭を動かし続けることがいかに大事かを学びました。‘メンタルだ’と言われ続けないと出来ないのではなく、自分でもっとポジティブな気持ちを持って努力することの大切さを学びました。気持ちを強く持つ一番大事な部分だと思います。
今後もこのメンタルの部分とメンタルスキルトレーニングで学んだ事をレッドハリケーンズに浸透させていきたいと思います。

留学メンバーとのウエイト後 留学メンバーとのウエイト後

──ニュージーランドでの生活について少し教えてください。

練習の間の補食では、日本ではなかなか作ったことのないスムージー(果物、ヨーグルト、牛乳など混ぜたもの)を飲んでいました。味も自分なりに変えれたり、ヘルシーなうえ栄養価も高くチーフスの選手も飲んでいるとのことでした。スムージーはいい栄養素が一度に取れるので体作りには最適な食事です。今後も日本で続けていきたいと思います。
2か月の留学では、毎日ラグビー漬けの日々でした。朝から晩まで練習をし、スーパーラグビーの観戦に行き、ホームステイ先に帰ればテレビではスーパーラグビーやリーグラグビーの試合が流れていました。こんなにラグビーに携われてこの2か月間は私にとってとても新鮮で、とても刺激的な毎日でした。日々ハードワークしてきた留学日本人メンバー、クラブチームのメンバーと出会えたことに感謝しています。とてもハードな日々でしたが、仲間達と切磋琢磨しながら過ごした日々はとてもいい経験となりました。また、ワイカトスタッフ、クラブチームのスタッフの皆様にも感謝しています。
このような素晴らしい機会を与えていただきとてもいい経験をさせていただいた会社の皆様を初め、コーチ、マネージャー、スタッフ、レッドハリケーンズメンバーに感謝しております。
この経験を無駄にせず、必ずチームに貢献したいと思います。ありがとうございました。

留学レポート ウェリントン篇