スペシャル

ラグビー大国・ニュージーランドへ ラグビー留学体験レポ ウェリントン篇

2015年7月31日更新

留学レポート ウェリントン篇

ウェリントンに留学した茂野選手、井之上選手、西浦選手に話を聞きました。

茂野 洸気選手(WTB)
1988年3月14日生まれ
5年目
井之上 明選手(SH)
1991年4月12日生
2年目
西浦 洋祐選手(PR)
1990年9月29日生
3年目

インタビュー

──留学先と、そこでの主なスケジュールを教えてください。

写真

茂野:現地では、ウェリントン州代表のアカデミー(候補者の集まり)や現地のクラブチーム、WELLINGTON RUGBY FOOTBALL CLUBに所属し、トレーニングを行ってきました。アカデミーでの練習は月~木曜まで、毎朝7時からのトレーニングでした。

  • 月曜日から木曜日まで、毎朝7時からのトレーニング。金曜日は試合前なので、個人の時間でトレーニングを行っていました。
  • 早朝トレーニングが終わると約1時間ほど休憩をとり、午前9時半ごろからトレーニング。曜日ごとにメニューが決まっていました。
  • 午後1時から120分の語学レッスン。
  • 午後6時からトレーニングで、火曜日と木曜日は所属するクラブチームの練習、土曜日が試合といった1週間の流れでした。
 
午前
ウェイト
トレーニング
7:00~8:30
セルフ
トレーニング
9:30~11:00
スキル
トレーニング
7:00~8:30
スピード
トレーニング
9:30~11:00
メンタル
トレーニング
9:00~10:30
ウェイト
トレーニング
9:30~11:00
ウェイト
トレーニング
7:00~8:30
スキル
トレーニング
9:30~11:00
ウェイト
トレーニング
10:30~12:00
試合
 
午後
語学レッスン
13:00~15:00
語学レッスン
13:00~15:00
トレーニング
(クラブチーム)
18:00~20:00
語学レッスン
13:00~15:00
語学レッスン
13:00~15:00
トレーニング
(クラブチーム)
18:00~20:00
語学レッスン
13:00~15:00
 
写真

西浦:僕はParemata-Plimmertonというチームに所属しました。チームメイト、スタッフ共に暖かく迎え入れてくれて、ともに練習に励みました。

ウェリントンは、スーパーラグビーに所属しているハリケーンズの本拠地です。私たちが練習などで使用していたラグビーリーグパークのグラウンドは、ハリケーンズの練習グラウンドで、一緒に練習することはありませんでしたが、ハリケーンズのウエイト場、ミーティングルーム、グラウンド等を使って練習をしました。

──その中で感じたことを教えてください。

写真

茂野:アカデミーではほとんどの選手が仕事や大学があるので、平日毎朝7時から練習が行われています。アカデミー生のラグビーに対してのハングリーな気持ちは自分も見習わなければならないと感じました。また、西浦が言ったように、ハリケーンズと同じ環境で練習ができたために、身近にオールブラックスの選手を感じることができ、とてもいい刺激になりました。
クラブチームでは約4週間で4試合を行ったんですが、そこでの試合はフィジカルがとてもハードで1人1人の激しさを痛感することができました。まず、現地の人たちは体が大きく個人のコンタクトの能力が高かったです。特にコンタクトシチュエーションでの激しさには驚嘆しました。しかし、パスのスキルやランニングスキル等は負けておらず、本場のラグビーでも自分の通用する部分を見つけることができたのもいい収穫になりました。

西浦:まずアカデミー生たちはONとOFFがはっきりしているなと感じました。練習時は真剣に取り組み、練習が終わればすぐ帰っていました。切り替えをしっかり行うことで、ラグビーだけではなくプライベートも充実させ、家族や友人との時間を大切にしていることもわかりました。それがより練習への集中につながっているのではないかと思います。
試合の中で感じたことは、コンタクトの強さです。日本人選手も強い選手は多いですが、選手一人一人が前に出る力強さがあり、相手を止めるのに苦労しました。
また、日本のラグビーと違う所は、あまりシステム的に行わないことです。一人一人自分が前に出ることを考えており、前に出れなければパスをする。というように試合を進めていました。
システム化されたアタックは自身がどこに行けばいいのか明確になるので動きやすい良さがあります。所属したチームでは決まったパターンが特になくボールをもらいに行くことを考えて動くようなアタックをしていました。それも、状況に応じて自身が思うように動くことができるのでどちらも良さがあるなと感じました。

写真

──この経験を通して、学んだこと、今後にどう生かしたいか教えてください。

西浦:一ヵ月ニュージーランド留学に行き、ラグビーを仕事としている人、楽しんでいる人、様々な考えの人がいましたが、改めてラグビーを「楽しむ」ということが私はとても重要であるなと感じるようになりました。
ラグビーをプレーしていることで痛い、しんどいはあると思いますが。楽しむことでスキル、メンタル的にもタフになりレベルアップしていくと感じました。また、留学したことで周りの外国人選手に対してどうしたらタックルで倒すことができるのか、スクラムで勝つことができるのか等をより考えてプレーしてきたので、今回、留学で経験したことをチームに共有しレベルアップにつなげていこうと思います。

茂野:僕も、現地の人たちはすごくラグビーを楽しみながらやっているなという印象を受けました。もちろんしんどい練習や痛い練習もありますが、そういった部分も含めて、いい意味で楽しんで練習を行っていました。楽しむことがきっと自分自身の成長に繋がってくるので、私も原点に立ち返り、自分が好きで始めたラグビーを楽しんでプレーしていきたいと思います。

写真

──最後に、ニュージーランドでの生活について少し教えてください。

西浦:ウェリントンは、ニュージーランドの首都で海に面した自然と街が混在し、市内は街全体が小さく、どこに行くにも徒歩で歩いて探索できるような街でとても過ごしやすかったです。
ハリケーンズのホームグラウンドであるWestpacスタジアムには34,500席の収容数があり、多くの人が試合をスーパーラグビーを観戦しに来ていました。僕もそこで世界でトップレベルの試合を見ることができましたし、練習ではハリケーンズのクラブハウスを使っていたので、実際に選手とすれ違うこともあり、気軽に会えるファミリーのようなチームだなという印象も受けました。

ウェリントンは魅力的な首都にも選ばれたことのある街なので、機会があれば観光、留学へ行くことをお勧めします。

井之上:私はニュージーランドの方の人柄に魅力を感じました。一例として、早朝練習のある月~木は午前6時にホストファミリーの方に送ってもらいました。早起きですごく申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、ホストファミリーに「君たちのニュージーランド留学がすごくいいものになるように僕たちは全力でサポートするよ」と話してくださり、私たちはラグビーに集中して取り組むことができました。留学中はこのような体験を何度も体感し、充実した留学生活を送ることができました。

留学レポート ハミルトン篇