スペシャル

下沖 正博監督コメント 2ndステージへの覚悟

2014年11月6日更新

1stステージを終えて

力の差が拮抗しているトップリーグであと一歩及ばない、この差は何だと思いますか?
あと少しのところで勝てない理由はどこにあると思いますか?

昨年に比べて今年のトップリーグは全体的に僅差の試合が増え、1stステージ全54試合中7点差以内が28試合と全体の半分を占めており、非常に力の差が拮抗しています。我々も7試合中3試合が7点差以内でした。
各チームとも組織ディフェンスが整備される中で、我々が勝ちきるチームになるためには、「トライを取りきらなければならない局面で取りきる」かどうかが重要と考えています。1stステージでは、自分たちのミスによって取りきれず、逆に相手にトライを与えてしまい、その結果勝ちを逃してしまいました。これはスキルレベルが低いというよりは、「プレッシャーや疲労下の中でも常にマイクロスキルを意識し戦術を遂行する」というマインドの部分が大きいと思います。2ndステージ開幕までに、戦術面・スキル面の修正をかけながら、トレーニングを通じてこのマインドの醸成を重点的に図りたいと考えています。

それぞれの試合で、敗戦でも得るものはたくさんあると思いますが、それを活かすために何をしていますか?

敗戦を経験することで、多くの課題発見があります。その課題に対し、試合メンバーだけではなくチーム全体で取り組むようにしています。それよってチームとしてスタンダードが出来、試合を重ねることによってそのスタンダードが上がり、レベルが上がると考えています。

今年のスローガンが『覚悟』ですが、具体的にはどんな覚悟でしたか?
チームとして、監督としてどのような気持ちで今シーズンに臨まれましたか?

監督として、不退転の覚悟で今シーズンに臨みました。チームのために、チームの代表として全責任を負う覚悟で今後も突き進んで行こうと思います。

1stシーズンを終えた今、その覚悟に何か変化はありますか?

覚悟に変化はありません。勝てば選手のおかげ、負ければ私の責任です。これまでと変わらず一日一日を大事にして、選手達が最高のパフォーマンスと結果を得られるよう2ndステージ開幕に向けて最高の準備をしたいと思います。

監督として

監督に就任して2年目ですが、昨年と今年でチームを変えることはできましたか?
一番意識して変革したかったものはなんでしょう?

今年は戦術を再構築し、個人の役割を明確にしました。また戦術の遂行に必要なスキルも明確にし、春から多くの時間をかけ取り組んできました。その成果が試合で随所に見られるようになり、意図を持ったトライが取れるようになってきたことは、これまでに無い大きな変化と感じています。
これは選手が新しい事に対して真摯に、そしてポジティブに取り組んでくれた結果だと思います。

特に監督が意識しないところで、昨年からチームが変わったと思う部分はありますか?

一点目は、自主練習をする選手が増えたことです。自らの課題を克服し、試合に出てチームの勝利に貢献したい、という選手が若手を中心に増えてきました。特に強制はしていませんが、こういった自主的な取り組みはチームにとってプラスに働いていると感じています。
二点目は競争意識が非常に高いということです。2ndステージへ向け全員にチャンスがありますので、試合に出られないメンバーのモチベーションが非常に高く、トレーニングに対する取り組みは試合メンバー以上のものを感じます。

コーチや監督のノウハウは、どういう所から学んできたのですか?

海外の経験豊富なコーチと定期的にミーティングを行い、意見交換を通じて多くのことを学ばせて頂いています。彼らコーチは私にとって良きメンターであり、彼らのフィードバックによって新たな気付きを得られます。
また、コーチングに関してはラグビー以外の競技からも得られるものも多く、書籍等を通じてサッカーやバスケットからもヒントを得ています。

選手のトレーニング状況等を監督される中で、今、選手ひとりひとりに何が必要だと思われますか?

ハードワークとアグレッシブな姿勢、つまり「必死さ」です。今も選手は頑張ってくれていますが、今まで以上に日頃のトレーニングから意識し、貪欲に取り組んでほしいと思います。

そのあたり、選手に求めることを監督として選手に浸透させることはできましたか?

現時点で浸透できているかどうかは分かりませんが、これがレッドハリケーンズのアイデンティティとなるよう、これからもより熱意を持って伝えていきたいと思いますし、選手達の取り組みを観察していきたいと思います。

2ndステージに向けて

2ndステージに向けての課題と課題解決に向けて、特にウインドウマンス中にするべきことはなんでしょう?

大きく3つあります。まずはトライを取りきるための戦術整理、スキル強化、マインドセット。次にディフェンス、特に1対1のタックルスキルを修正。最後にセットプレーの強化です。特別なことをするというよりは、これまでチームとして取り組んできたことを、プレッシャーや高強度のトレーニングの中でいかに精度高く遂行できるかが重要と考えています。限られた期間でしっかりとプランニングし、2ndステージに向けていい準備をしたいと考えています。

2ndステージはどのような戦い方をしたいですか?目標など教えてください。

アグレッシブなアタックをしていきたいと考えています。トライを取るためにボールを動かし、トライを取るために相手からボールを奪い返す(ディフェンスをする)。全ての試合で4トライを取りに行くアグレッシブなラグビーをして、全ての試合を勝ちに行きます。

ファンの方へメッセージをお願いします。

いつもレッドハリケーンズを応援して頂きありがとうございます。
1stステージは思うような結果を残すことが出来ませんでしたが、チームは試合を重ねる毎に成長を遂げています。
課題をしっかりと修正し、2ndステージでは更に進化したレッドハリケーンズをお見せしたいと思います。
これからのレッドハリケーンズにご期待ください。