試合結果・日程

トップリーグ 第8節

東芝ブレイブルーパス

2017年10月15日(日曜) 13:00 kick off  いわきグリーンフィールド(福島県)

2017年10月16日更新

NTTドコモ

東芝

NTTドコモレッドハリケーンズ 18
終了
3 前半 17
15 後半 15
32 東芝ブレイブルーパス

試合ハイライト

福島県いわき市内から少し離れたところにあるいわきグリーンフィールドで小雨が降る中、東芝ブレイブルーパスとの一戦を迎えた。
気温は15°前後。涼しいというよりは冬を感じる気候となった。その中にも、選手からはふつふつ勝利に燃える「熱」を感じずにはいられなかった。
前半、開始から10分ほどお互いの気持ちがぶつかり合う。今までと違い、すぐにはトライを取ることができすまた、トライを取らせることを許さない。しかし、初めに流れを変えたのは東芝。屈強なFWがラインアウトからモールを組みゴール前まで押し込むと、バタついたディフェンスラインをウイングがすり抜けトライを許す。その後もPGを一本ゆるし苦しい時間が続くが、ドコモも耐える。トップリーグ随一ともいえるコンタクト勝負に耐える。そしてようやくものにしたペナルティをフィルヨーンがきっちりと得点し追い上げる。スコアにして3-10。その後20分以上スコアに変動がないままお互いがハードワークしたが、前半終了間際にまたしても東芝FWに密集を押し切られトライを許してしまった。ここでハーフタイム。スコアは3-17。
意外にもダヴィーHCは冷静だった。「流れは必ず来る」「エリアマネジメントをしっかり行い有利に展開する」「ブレイクダウンを激しく正確に」など気迫ではなく、しっかりと選手を奮い立たせた。
迎えた後半、静かに闘志を燃やすドコモの反撃が始まった。12分ハイボールをリリダムがキャッチし藏田がラインブレイク、外側に大きく回しトライまで繋げる。PGも加えスコアは11-17。逆転の狼煙は上がった。その後も東芝とドコモが1本ずつトライを決め18-22で迎えた最終局面。ドコモのトライ後わずかに気が緩んだのか、キックオフで相手のWTBにボールを奪われそのままトライを奪われてしまった。このトライで点差にして9点。残り9分。ドコモもとにかく1本トライを獲得すべく必死にアタックするが実らず。ノーサイド間際に東芝がダメ押しのトライを決め終了のホーンが鳴った。
最終スコアは18-32。雨の中たくさんのファンに多くの声援をいただいたが勝利に繋げることは出来なかった。
今節の反省を踏まえ、次節キヤノンとの戦いを勝利で飾りたい所である。

選手・コーチのコメント

フル出場 清瀬選手

清瀬選手

■試合を終えて
これまでの7試合全て、良い形を作り出すことはできているが得点に繋ぎ切れていない部分を今節修正しかつ、リーグの中で上位に食い込むためにも絶対に負けられないので、決勝を戦う気持ちで臨みました。
前節のコム戦同様、追いかける展開になってしまいましたが、チームとして逆転できるビジョンは描けていました。しかし、こちらが得点しなければならない一番重要な局面で相手に得点を許してしまったことが大きな敗因です。

■ファンのみなさまへ
これまで同様次節も絶対に負けられない試合ですので、最高の準備をして必ず勝利をつかみ取りたいと思います!
これからも熱い応援よろしくお願いします!

試合データ

得点/反則

T トライ数(5点) G ゴール数(2点) PG ペナルティゴール数(3点)
DG ドロップゴール数(3点) PK ペナルティーキック数 FK フリーキック数
NTTドコモ 種類 東芝
前半 後半 前半 後半
0 2 2 T 2 3 5
0 1 1 G 2 0 2
1 1 2 PG 1 0 1
0 0 0 DG 0 0 0
NTTドコモ 反則 東芝
前半 後半 前半 後半
3 1 4 PK 6 3 9
0 0 0 FK 0 0 0

得点経過

前半 チーム 試合の流れ 選手 種類 得点
10分 東芝 自陣22メートルラインアウトからモールを止められずゴール前まで押し込まれ、最後はハーフが持ち出しウイングに渡しそのままトライを許す。 (14) 宇薄岳央 T 0 - 5
11分 東芝 ゴール成功 (15) コンラッド・バンワイク G 0 - 7
16分 東芝 ゴール成功 (15) コンラッド・バンワイク PG 0 - 10
18分 NTTドコモ ゴール成功 (15) リアン フィルヨーン PG 3 - 10
38分 東芝 自陣ゴール前密集から押し切られトライを許す。 (13) リチャード・カフイ T 3 - 15
40分 東芝 ゴール成功 (15) コンラッド・バンワイク G 3 - 17
後半 チーム 試合の流れ 選手 種類 得点
12分 NTTドコモ 自陣10メートルハイパントボールをリリダムがキャッチしラックを形成後素早く外側に展開、藏田がラインブレイク。ラック形成後再度パエアがゴール前まで抜け走り、最後は外側の秦(啓)までつなぎトライ。 (8) 秦 啓祐 T 8 - 17
14分 NTTドコモ ゴール失敗 (15) リアン フィルヨーン Gx 8 - 17
17分 NTTドコモ ゴール成功 (15) リアン フィルヨーン PG 11 - 17
25分 東芝 ドコモのダイレクトタッチから自陣22メートルラインアウトから粘り強くディフェンスするも、最後はトライを許す。 (9) 藤原恵太 T 11 - 22
  東芝 ゴール失敗 (15) コンラッド・バンワイク Gx 11 - 22
29分 NTTドコモ 敵陣ゴール前までフェーズを重ね、最後はフィルヨーンがディフェンスラインをぶち破りそのままトライ。 (15) リアン フィルヨーン T 16 - 22
30分 NTTドコモ ゴール成功 (15) リアン フィルヨーン G 18 - 22
  東芝 キックオボールをうまく処理されてしまい、そのまま追いつけずトライを許す。 (22) 松延泰樹 T 18 - 27
31分 東芝 ゴール失敗 (15) コンラッド・バンワイク Gx 18 - 27
39分 東芝 スクラムボールを右→左に展開され、最後は16番がトライ。 (16) 橋本大吾 T 18 - 32
40分 東芝 ゴール不成功 (15) コンラッド・バンワイク Gx 18 - 32

出場メンバー

NTTドコモ 背番号 東芝
Pos. 選手名 選手名 Pos.
PR 岡部 瞬 1 三上正貴 PR
HO 吉田 伸介 2 湯原祐希 HO
PR 北島 大 3 浅原拓真 PR
LO ヴィンピー ファンデルヴァルト 4 ジェームス・ムーア LO
LO イオンギ 譲 5 小瀧尚弘 LO
FL 土屋 鷹一郎 6 山本紘史 FL
FL 大椙 慎也 7 藤田貴大 FL
No8 秦 啓祐 8 リーチマイケル No8
SH 井之上 明 9 藤原恵太 SH
SO 佐藤 善仁 10 大島脩平 SO
WTB 藏田 知浩 11 石井魁 WTB
CTB パエア ミフィポセチ 12 渡邊太生 CTB
CTB 清瀬 岳大 13 リチャード・カフイ CTB
WTB ジョセファ リリダム 14 宇薄岳央 WTB
FB リアン フィルヨーン 15 コンラッド・バンワイク FB
リザーブ 背番号 リザーブ
Re. 牛原 寛章 16 橋本大吾 Re.
Re. 田邉 篤 17 田中圭一 Re.
Re. 指田 宗孝 18 知念雄 Re.
Re. ライアン カンコウスキー 19 大野均 Re.
Re. 横山 大輔 20 リアム・メッサム Re.
Re. 小樋山 樹 21 藤井淳 Re.
Re. 金 勇輝 22 松延泰樹 Re.
Re. 久内 崇史 23 豊島翔平 Re.

・・・ キャプテン

交替/退場

NTTドコモ 交替 東芝
時間 OUT IN 時間 OUT IN
後半 9分 (2)吉田 伸介 (16)牛原 寛章 後半 26分 (12)渡邊太生 (22)松延泰樹
12分 (10)佐藤 善仁 (22)金 勇輝 (2)湯原祐希 (16)橋本大吾
26分 (1)岡部 瞬 (17)田邉 篤 31分 (1)三上正貴 (17)田中圭一
(3)北島 大 (18)指田 宗孝 (8)リーチマイケル (20)リアム・メッサム
(4)ジェームス・ムーア (19)大野均
34分 (10)大島脩平 (23)豊島翔平
40分 (2)湯原祐希 (18)知念雄
NTTドコモ 一時的
交替
(出血等)
東芝
時間 OUT IN 時間 OUT IN
前半 33分 (5)小瀧尚弘 (19)大野均
後半 6分 (4)ジェームス・ムーア (19)大野均

試合データ

天候 グラウンド状態 観客数 レフリー アシスタントレフリー
くもり一時雨/無風 良い 2732人 藤内有己 戸田京介/三井健太/臼井嘉朋
試合結果・日程
  • ファンクラブ 充実の会員特典でリニューアル!