レッドハリケーンズ

[選手インタビュー]吉岡 宏樹

2013-14シーズンのレッドハリケーンズを牽引する、キャプテン吉岡宏樹。「ちょっと照れるね。」フィールドでの緊張感たかまる表情とは打って変わり、優しい表情で笑顔を浮かべる吉岡に、同期でもあるレッドハリケーンズOB山﨑甲將が話を聞いた。

― 本日はよろしくお願いします。

ラグビー部でずっと一緒にプレーしてた同期にインタビューされるのはちょっと照れるね。「全部知ってるやん」

― まあ、よく知ってる間柄だよね。

もう、全部書いといてくれっていうぐらい(笑)。

愛称について

― 普段、吉岡選手はどんな風に呼ばれてますか?

普段は、みんなから「よっさん」と呼ばれてて、それ以外は普通に名字で呼ばれてます。

― 「よっさん」っていうのはいつからの愛称?由来は?

高校ぐらいからかなあ。由来は特になく。自然発生的に。

インタビュー風景

ラグビーを始めたきっかけ

― ラグビーを始めたきっかけは?

中学校に入ったら自然と兄の影響で始めました。
僕は4人兄弟の末っ子で、男、男、男、僕で、全員男なんですよ。4人兄弟のうち、二男と三男がラグビーをしてたから最初はその影響を受けてって感じかな。自分でやり始めて好きになった。

― 兄弟はどれくらい歳が離れてるの?

僕が小学校1年生やった時に3年、5年、6年生。

― 4人も同じ時期に小学校に行ってたんだね(笑)。

全員で一緒に小学校に行ってた(笑)。朝は、トイレ行く順番とかで争ったけど、喧嘩はあまりなかったな。末っ子やから守られてたのかも知れない。

― ほかの部活に興味はなかったの?サッカーの方がモテるんじゃないかとか(笑)。

選択肢はいっぱいあったけどね。テニスとか爽やかな感じやなって思ってた。いっつもラグビー部は汚れたりしてるから。(笑)

ラグビーの思い出

― 啓光学園(現・常翔啓光学園高等学校)に入るきっかけは?

啓光学園に入ろうと思ったきっかけは、ソックスに背番号が入ってるのが「カッコイイ」って思ったから。(笑)

― 確かに珍しいよね。ちなみにずっとフォワード?

僕は中学ではフォワードだったんだけど、高校に入ってみたらフォワードの大きな人が練習でしごかれてて、かなり厳しそうに見えたんだよね。反対にバックスは和気あいあいとパスを回して楽しそうだったんでバックスに転向したんだけど、1年間プレーしても試合に出ることはなかった。
2年目の時、監督に「おまえはパスもできない、足も遅い、タックルもできないからフォワードに行け」と言われ、フォワードに戻ってからは試合に出れるようになった。
当時そのままバックスやってたら、多分、今ここにいなかったし、ポジションを変えてくれた監督には非常に感謝してる。そんな大きな出来事が高校の時あって、大学でもプレーすることができた。

思い出の試合はこれから作る

― 思い出の試合とかある?

思い出の試合、あんまないね。
高校の時も花園で負けたけど、それが強く印象に残ってるかって言われるとそうでもないし、今後、「あの試合、忘れられへん」と思えるような試合をしていきたい。

インタビュー風景

NTTドコモ レッドハリケーンズに入ったきっかけ

― ドコモに入団したきっかけは?

大学3回生(※大学3年生)の頃、実は社会人でラグビーをするかどうかは決めかねてた。
もしラグビーをするなら大阪のチームと思ってました。

― 関西には神戸製鋼とか近鉄とかあるけど、ドコモを選んだ理由は?

すでに強いチームに行くというのも一つの選択肢でしたが、ドコモは当時トップウエストリーグでトップリーグ昇格に向けて力を入れており、これから昇格を目指すチームで、自分もその中で目標に向かって頑張ってみたいと思ったから。

インタビュー風景

辛い時期の乗り越え方

― 今までのラグビー人生の中で、怪我とか、とても辛いと感じる時期はあった?

怪我が辛いっていうのはない。病院行って「何カ月で治る」と言われたら、治るならまだプレーできるし、まあ、いいかって感じ。結構ポジティブに捉えて、あまり気にしなかった。

― 1年〜2年ぐらい前、長期入院してたよね。

足首の骨が折れて、手術した時やね。
その時は辛いけど、いずれ治るし、大丈夫かなって感じで。深刻になることもなかった。
しっかり治して、また頑張ろうって気持ちだった。

インタビュー風景

仕事とラグビーの両立

― 現在の仕事内容は?

営業部のプロモーション担当で仕事をしてます。主にはメディアへの広告掲載など関西におけるプロモーション活動を行っている部署で、僕は雑誌広告や、ラジオ番組への広告とか担当させてもらってます。

― 練習日のスケジュールはどんな感じ?

9時半に出勤して、12時までに自分の業務を終わらせる。そこから(グラウンドのある)南港に移動して、今は14時半とか15時から練習を始めて、18時ぐらいに終わる感じかな。その後、ストレッチしたり、痛いところを氷で冷やすなどアフターケアを行って、トレーナーの手が空いてたら、体をほぐしてもらったりとか。メンバーとごはんを食べて帰る時もあるよ。

― 仕事とラグビーの両立は大変だと感じる?

同じ担当にラグビー部OBがいたり、周りからのサポートも厚いので、すごく大変ということはないです。逆に楽しいというか、やりがいを感じてる。試合の時はみんな応援に来てくれるし、仕事場でもいろいろ声をかけてくれるのでとても感謝しています。

次へ

ページトップへ